防災用品はアイデアから6

FH005_L
●ポリ袋
頭からかぶれば防煙になる。雨が降ったときには首と手の穴を開けて雨ガッパに。ダンボール箱の中に入れて即席のトイレにすることもできる。水を運ぶにも役立つし、穴をあければ簡易シャワーにもなる。わざわざ買わなくても、スーパーでもらうビニ-ル袋をストックしておけば、十分に用は足りる。ゴミ袋でもいい。
住宅購入時には地震対策も十分気にしておきましょう。家 高く売る ←こちらではその他住宅関連情報がたくさんあります。
●新聞紙
袋のあいたところに適当に突っ込んでおけばよい。ものを包むのにも使えるし、格好の断熱材なので防寒にも役立つ。地面に一枚敷くだけで全く違う。火をつけるときにもよく燃えるので便利だ。
●タオルなど
タオル、トイレットペーパー、ティッシュペーパーは必需品だ。
【枕元に置くもの】
●スニーカー、地下足袋
すぐ履けるように、ヒモ式でないものがいい。就寝時の地震の場合「せめて靴を履いていれば」という声が多かったことは大いに参考になる。避難時には部屋の中はガラスの破片が散乱していると思ったほうがいい。運よく外に逃げ出せたとしても、ビルや住宅の窓ガラスが飛散し道路はガラス破片の海となっている。そんな中を裸足で歩けるはずもない。できれば底の厚い、しっかりしたものを準備したい。常に枕元のすぐ履ける位置に置いておくことが大切。
●ヘルメット、防災頭巾、ヘッドライト
フルフェイスのヘルメットがよい。顔の部分を覆っていないものだと、火災時に煙や熱で目、頬をやられる。アイスホッケーやローラースケートなどスポーツ用のヘルメットもいい。ヘルメットの上に防災頭巾をかぶるとさらによい。長さは首筋を守るために肩にかかるぐらい必要。頭に付けられるヘッドライトを忘れずに!
●バール
ベッドの下に置き、開かなくなった扉をこじ開けるのに役立つ。ノコギリも救出用具として役立つ。